maandag 17 mei 2010

ikebana in Sieboldhuis nog een week  いけばな in シーボルトハウス もう1週

5月11日から16日までは、いけばな暦の長い生徒さんが2人でシーボルトハウスの生け込みを担当しました。親先生のレッスンに加えて、私のところにもレッスンに来てくれるくらい、とても熱心な2人です。質問も鋭いので、教えるほうもますますがんばらないと、と言う気になります。
日本では、お免状のレベルによって、教わる型が増えていきますが、外国では習って数年しか経っていない生徒さんでも琳派調や文人調いけばなをいけていることが多いです。小原流いけばなを習ってみたいと思う外国人は、まさしくこれらのいけばなに惹き付けられて習いたいと思う訳ですから、日本のようなやり方ではちょっと難しいのでしょう。また、お免状は取っていなくても、長くいけばなを楽しんでいる生徒さんも多いので、免状のランクと技術がイコールだとは限りません。
そんな環境で、長くいけばなを続けている2人。さすがに展示会で映える生け花を良く知っています。
事前に打ち合わせたのかと思うくらい、色の組み合わせが似ていました。白とパープルにグリーンの色の組み合わせは、初夏らしい爽やかさです。

Van 11 t/m 16 mei hebben 2 collega's van mij Ikebana gemaakt. Zij doen al lang Ikebana, en naast hun eigen leraressen komen ze ook bij mij om Ikebana te leren.
Wat zij gemaakt hebben in de entréezaal waren Rimpa schikkingen. Toevallig? was de kleurcombinatie ook hetzelfde: wit en paars. Frisse combinatie voor de vroege zomer. Een schikking was de boom(wisteria)centraal en andere het blad(iris)centraal. Het was daarom leuk om beide schikkingen in een kamer te zien.









Geen opmerkingen:

Een reactie plaatsen